Operated by

© World E-mobility News

Electric BVehicle India Summit 2018

在ノルウェー・インド大使館のAmbassadorであるDebraj Pradhan氏のアナウンスのもと、プレス向けカンファレンスでGargi Pareek氏からインドにおけるEV、 EV充電ステーション市場の特徴に関する情報についても会場で紹介された。

インドのEV充電市場については、現在のところ初期段階にあり、小型の二輪用充電器を除いて、市場にはプレーヤーが少ない。小規模のプレーヤーが支配しており、Power panels, Battery chargers, Rectifiers などの製品を製造する小さな企業に限られている。インドや海外資本の企業は、インド市場向けの製品、デザインに取り組んでいるプロセスにあり、充電器の多くは、充電時間約90分のACチャージャーである。充電分野のビジネスモデルはまだ確立されておらず、多くのプレイヤーは、自動車会社か、充電サービスプロバイダと提携して進めているなか、課金サービス会社はまだいない。Prime Mini...

February 10, 2018

Source: Nordic EV Summit 2018 

1990年代から、州内で一定台数以上自動車を販売するメーカーに対し、ZEVを一定比率以上販売することを義務付ける『ZEV規制』を制定してきたカリフォルニア州。

California Energy Commission (CEC) で、Commissionerを務めるJanea A. Scott氏によるプレゼンテーションでは、カリフォルニア州における政策が紹介された。カリフォルニア州の気候目標と空気基準を満たすために、CECはEVに関するエコシステムづくりへの投資を進めている。

2009年以降、80Million USDを8,686の充電ステーションに投資した。その内訳は、4,281 Residential、3,130 Public/Opportunity、 808 Corridor(Level 2 & DC Fast) 、467 Fleet &Workplaceであった。
(※現在では、14,000以上のパブリックステーションが設けられ...

Please reload